乳酸菌生成エキス研究室乳酸菌生成エキス研究室
乳酸菌生成エキスの応用 乳酸菌生成エキスの応用

その2.花粉発酵エキスについて

花粉発酵エキスとは

花粉発酵エキスは、乳酸菌生成エキスの発酵システムと、優れた栄養特性を持つハチ花粉とを組み合わせてできた機能性食品素材です。タンパク質、アミノ酸、ビタミン、ミネラルがバランスよく含まれ、パーフェクトフードとも呼ばれるハチ花粉本来の機能を引き出し、近年摂取不足が懸念される微量栄養素の補給や体のサビ(酸化)を抑えるものとして利用されています。

花粉発酵エキスの製法

図1:ハチ花粉強固な外殻と特殊処理

花粉発酵エキスは、「乳酸菌生成エキス」の製法に準じて16種類の乳酸菌で豆乳をベースに発酵を行う最中に、ハチ花粉を同時に加え、花粉も含めた状態で高効率発酵を行います。発酵終了後、特殊製法で有効成分とハチミツを融合させてできあがります。

花粉発酵エキスの特徴

表1:ハチ花粉の栄養成分 表2:ハチ花粉のミネラル成分

ハチ花粉(ビーポーレン)は、ミツバチの栄養になるばかりでなく、女王蜂を育てるロイヤルゼリーの原料になります。タンパク質、アミノ酸、ビタミン、ミネラルがバランスよく含まれており、特にビタミンB群は豊富に含まれているのを特徴とします(表1)。ビタミンB群は、脳や神経系の代謝維持、皮膚の健康維持、エネルギー代謝に関わることから、現代社会で問題とされるストレスや疲労に対抗するためのビタミン群です。さらに注目すべきは、ミネラル類も豊富に含まれていることです(表2)。

しかし、花粉は2層の膜、クチクラ性の花粉外膜とセルロース性の内膜で強固に包まれており、ヒトが摂取した際に、その栄養素が効率的に摂取できるか疑問です。

花粉発酵エキスは、16株乳酸菌による高効率の発酵システムと特殊製法を組み合わせることで、効率よく花粉の能力を引き出すことができると考えられます(図1)。野菜等の微量栄養成分が減ってきている現代食において、花粉発酵エキスは、摂取不足が懸念されるミネラル類の補給や、ストレスや疲労で誘導される体の酸化(サビ)を抑える抗酸化素材として有用であると考えられます。

花粉発酵エキスの 
 酸化ストレス抑制効果

酸化によるダメージを
抑制することがわかりました。
【実施者】
㈱ビーアンドエス・コーポレーション 八王子研究所

要約

花粉発酵エキスは、優れた栄養特性を持つハチ花粉と高効率乳酸菌発酵システムを組み合わせてできる機能性食品素材であり、近年摂取不足が懸念される微量栄養素の補給や体のサビ(酸化)を抑える抗酸化食品として利用が期待されている。

本研究では、花粉発酵エキスの抗酸化能に注目し、その有効性を検証することを目的に、摂取試験を実施した。その結果、摂取後は、摂取前と比べて体のサビ度合いを示す酸化ストレス度(d-ROM値)の低下と抗酸化能(酸化防止能力)の上昇が確認された。

これらのことから、花粉発酵エキスは、現代社会で問題となりつつある活性酸素対策の一因になると考えられる。

目的

活性酸素は、日常の生活活動で発生するほか、紫外線や激しい運動、ストレス、過度のアルコール摂取などで発生し、老化、肌荒れや様々な疾患の原因になると考えられ、その対策が望まれている。

花粉発酵エキスは、ハチ花粉の能力が高効率乳酸菌発酵により引き出されると考えられ、微量栄養素の補給や抗酸化作用が期待される。本研究では、花粉発酵エキスの抗酸化能に注目し、その有効性を検証することを目的に、摂取オープン試験を実施した。

方法

健康な男女21名を対象とし、14日間の花粉発酵エキス摂取効果を評価した。花粉発酵エキスの摂取は1日1回、約2ml相当として、摂取前および摂取期間終了後(14日後)に一般血液検査、酸化ストレス度(d-ROM)および、抗酸化能(BAP)の検査を実施した。

データ&グラフ

図1:花粉発酵エキス摂取による酸化ストレスレベルの変化、図2:花粉発酵エキスによる抗酸化力の変化

結果および考察

体のサビ度合いを示す酸化ストレス度(d-ROM値)の摂取終了後数値は、摂取前と比較して有意に低下していることが明らかとなった(図1)。また、抗酸化能(BAP)から潜在的な抗酸化能力(酸化防止能力)を算出したところ、摂取終了後は摂取前と比べて有意に高い値を示した。

このように花粉発酵エキスを一定期間摂取することで、酸化ストレス度が下がるだけでなく、酸化に対する潜在的な抵抗力も増加することが示された。

花粉発酵エキスは、本来ヒトが持つ酸化防止(抗酸化)システムに働きかけ、活性酸素に対する防御能力増強したものと推察され、現代社会で問題となりつつある活性酸素対策、あるいはストレス対策の一因となると考えられる。

  • ツイッターで共有する
  • Facebookで共有する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせはこちら